全国俳誌協会 流派・傾向を越えた懇話会的な俳句の交流の場

全国俳誌協会

 -National Haiku Magazine Association-

全国俳誌協会の紹介

 
 

新しい時代へ

会長 秋 尾   敏

全国俳誌協会は、昭和39年、見學玄、関口比良男、池田草舎らによって設立された。
 赤坂の日本都市センターで開かれた設立総会には、加盟130誌が展示されたという。
「流派・傾向を越えた懇話会的な俳句サロン」を目指したと池田草舎が書き残している。
 それから50年、協会はさまざまな活動を継続して今日に至っているが、
設立時の理念は受け継がれ、今も、それぞれの主張を尊重し合いつつ、
俳句の未来をゆるやかに語り合う団体として活動を継続している。
 狭い殻に閉じこもった主義主張は、俳句を袋小路に追い込んでしまう。
流派・傾向を越えた交流の場を作り出していこう。

年間の活動


春の吟行会(4月)

総会・俳句大会(6月)

編集賞(授賞式10月)

秋の吟行会(10~11月)

俳句コンクール(募集締切1月末)

機関紙「俳句展望」


年4回発行

会費


俳誌 年6,000円

個人 年3,000円

あゆみ -全国俳誌協会-

昭和39年
全国俳誌協会設立(日本都市センター)/初代会長、見學玄

昭和48年 7月
創立10周年記念全国俳句大会開催(半蔵門会館)

昭和48年 9月
機関紙「俳句展望」創刊

昭和48年10月
第1回俳句コンクール(一人20句)

昭和59年 7月
第1回全国俳句コンクール/20周年記念大会(上野精養軒)

平成 4年
第2代会長、池田草舎就任

平成12年
第3代会長、青木千秋就任

平成19年
第4代会長、滝沢無人就任

平成21年
第5代会長、秋尾敏就任

平成22年
「編集賞」開始

平成26年
50周年記念句集刊行

平成29・30年度役員

会  長
秋尾 敏
副 会 長
佐怒賀 正美

森岡 正作
幹 事 長
佐藤 晏行
副幹事長
小笠原 至
事務局長
田村 隆雄
事務局次長
赤羽根めぐみ
会  計
島  隆史
常任幹事
大川 竜水

表 ひろ

木之下 みゆき

佐怒賀直美

塩野谷慎吾

早乙女 文子

田口 風子

森川 淑子

三浦 侃

三上 孝

草野 大作
監事
野木 桃花

鹿又 英一
顧  問
有馬 朗人

大牧 広

荻田 礼子

神永 千代子

高野 ムツオ

蔦 悦子

能村 研三
参  与
青木 一夫

岡田 淑子

千葉 智司

手塚 玉泉

水本 ひろ人

実籾  繁

山﨑 政江
▲TOP